タイルのあれこれ -vol.1 材質について知ろう!- 2020. 07. 30

皆さん、タイルの【材質】は何種類あるのか御存じですか?
「タイル」と一口に言っても、全部が全部手法や焼き方で出来ているのではありません。
タイルの材質は、仕上げ材選定、仕様書作成の際に必要な知識となってきます。

皆さんにお配りしているカタログの右上にも材質:BⅠ[磁器質]/施釉などの表記がありますが、
今回は、これが何を意味しているのか?について詳しく見ていきたいと思います。
今更ちょっと尋ね難いけど、知っておくべきタイルの知識を、成形方法と吸水率の観点からご紹介させていただきます。

最近、タイルの材質表記で、「磁器質、せっ器質の表記を見なくなったな~」
そんな風に感じておられる方も多いのではないでしょうか?
現在の※JIS規格では、タイルの材質は成形方法(AまたはB)強制吸水率(Ⅰ類~Ⅲ類)の組み合わせにより
6つの種類に分類されます。
吸水率について、従来は自然吸水率を指標にしていましたが、
2008年のJIS改正により 強制吸水率( 煮沸法または真空法 )が指標とされるようになりました。
【 】に表記されている磁器質、せっ器質、陶器質は旧JIS規格の自然吸水率による分類です。
※JIS規格… 製品の種類・寸法や品質・性能、安全性などを定めた国家規格

新分類と旧分類の比較

※厳密には1対1に対応しておりませんがⅠ類、Ⅱ類、Ⅲ類はそれぞれ従来の磁器・せっ器・陶器にほぼ当てはまります。

それでは各成形方法とⅠ~Ⅲ類の分類について詳しく見ていきましょう!

Q1.A、Bの成形方法が違うと何が変わるの?

A:押し出し成形

含水率が20~25%の粘土状の原料を押出成形機で”ところてん”のように押し出して、ピアノ線などで所定の長さにカットします。
主にブリックやレンガが作られます。

B:プレス成形

水分を限りなく含まないパウダー状の原料を金型に充填し、高圧プレスをかけ成形します。
床や壁に使われる大小様々な種類があります

番外編:器の成形方法を応用した鋳込み成形

石膏型に泥状の原料を流し込んで、石膏に水分を吸収させ、固形化して成形。
自由度の高い個性的な形状ができます。

Q2.Ⅰ類、Ⅱ類、Ⅲ類それぞれの特徴を教えて!

Ⅰ類【磁器質】

I QUARZI( イ クウォーツィ):アントラチータ

FORMAT(フォーマット):ホワイト
DIZOURCE(ディゾース):オーシャングレー

大判輸入タイルに代表される、とても硬質で吸水率が3%以下と、
吸水率が極めて少ないタイル。
そのため、使用出来る環境や用途の範囲が広く、内外の床壁ともに使用できるタイルがほとんどです。
また、低い吸水率から雨がかりのある場所や水回りでの採用にもおすすめです。

※外床や水回りでの採用には、材質の他にも滑りや汚れ、素足での使用を考慮した、使用する部位ごとに適した条件を満たす必要があります。
詳しくは、当社営業担当までご相談ください。


Ⅱ類【せっ器質】

ブリックや内装壁用のタイルが多いですが、外部環境にも使えるタイルもあります。
吸水率は10%以下で磁器質に近いものから陶器質に近いものまであり、施工環境や採用可能部位は商品によって異なります。
"土もの"といわれる湿式タイルが代表的。素朴ながら、素材感や雰囲気のある空間におすすめです。

HINONE(ヒノネ):月白
FS SAJA(エフエス サハ):ベージュ
NUTS(ナッツ):オレンジ

Ⅲ類【陶器質】

PICKET(ピケ)

ETRURIA(エトルリア)

ELLE(エル)

吸水率が最も高く、そのほとんどが内装壁専用タイル。
一方で他の材質に比べ焼成温度が低い為、発色が良く、豊かな色彩を持ち合わせています。
また、乾燥及び焼成時の収縮率も低いことから、レリーフや個性的なフォルムの成形が可能。
アイキャッチや空間の要となる壁面への施工がおすすめです。

Q3.何が違う? 施釉と無釉

施釉

タイルの素地に釉薬をかけ、色やツヤを出し、
模様をつけたり、様々な質感を表現します。
釉薬は焼き上がるとガラス質になり、防汚効果もあります。

HISHI(ヒシ)
SARDINIA BLUE(サルディーニャブルー)
YURIN(ユーリン):オリベ

無釉

釉薬を使わず素地のまま仕上げたもの。
土本来のぬくもりを感じます。
タイル素地と表面が同素材なので、
摩耗しても損ないにくい意匠性が特徴です。

TERRAROSSA(テラロッサ):アイボリーミックス
YAGASURI(ヤガスリ):アイボリー
GRITION(グリシオン)

まだまだある!タイルを彩る加飾技術

インクジェット印刷

今、海外メーカーの加飾方法の主流ともいえるデジタル加飾技術。
元データは大理石や木目などの画像を取り込んで作成されて、タイルにダイレクトに再現されるのでとてもリアル!
本物ともなかなか区別がつかない程です。
この技術の発展は目覚しく、タイルのデザイン性やクオリティが飛躍的に伸びています。

SAVANA(サバナ)
CALACATTA(カラカッタ):

絵付け・転写

既に焼成されたタイルに、
筆やスプレー、 転写紙を加えて再焼成し
文字やグラフィック、独特な色を再現する、後付けの技法です。

TILE PLUS(タイルプラス)

磨き

無釉・施釉どちらにも用いられますが、現在は施釉磨きが主流。
大理石デザインの上質な光沢感の再現を可能にしました。

EPOQUE(エポック):アイボリー
OXYD(オクシド):コールテン

いかがでしたか?
次回のタイル雑学は、「やきもの」ならではの色幅や色ムラにフォーカスしたコンテンツをお送りします。
記事の感想や、「タイルのこれについて知りたい!というご要望がありましたらぜひこちらまでお寄せください!

関連 #タグ: